零式艦上戦闘機三二型(ゼロ戦)の実物
大刀洗平和記念館
飛行機の計器類なども実物が見られる
ゼロ戦は上の部分に登れるようになっている

大刀洗平和記念館で太平洋戦争と福岡の歴史を知る

太平洋戦争関連の資料が約1800点展示されている大刀洗平和記念館。特に特攻関係の資料は貴重なものも多く、遠方からも訪れる人が多い施設です。館内には零式艦上戦闘機三二型(ゼロ戦)の実物が展示されていて、戦時中にどのようなものが使われていたかを身近に知ることができます。また、博多湾から引き上げられた九七式戦闘機も展示されています。これは実際に特攻に使用される予定だったものが博多湾に不時着し、平成8(1996)年に引き上げられて展示されたものです。資料だけでなく映像による解説や再現もあり、平和について、戦争について詳しく知ることができます。零式艦上戦闘機三二型(ゼロ戦)の実物。復元でない実機はこの一台のみだそうです。

住所 福岡県朝倉郡筑前町高田2561-1
電話 0946-23-1227
アクセス 太刀洗駅下車すぐ
開館時間 午前9時 ~ 午後5時(入館は午後4時30分まで)
入館料 大人(大学生以上) 500円(400円)
高校生 400円(300円)
小学生・中学生 300円(200円)
障がい者(大人) 300円(300円)
WEB http://tachiarai-heiwa.jp

関連記事

  1. 炭鉱の歴史を知ることができる田川市石炭・歴史博物館

  2. 埴輪のいる古墳 仙道古墳

  3. 不思議博物館は福岡で最も不思議なカフェ?博物館?