突如現れる不思議な形の建物
炭鉱のトンネル跡も残っています
巨大な廃墟は圧巻!

巨大すぎる炭鉱の廃墟「志免鉱業所竪坑櫓」

この志免鉱業所竪坑櫓がある志免町は昭和30年代まで炭鉱の町として栄えた場所。昭和39年の閉山後、炭鉱関連施設の多くが取り壊しとなりましたが、この巨大な竪坑櫓はそのままに残され当時の雰囲気を現在に伝える遺構となっています。竪坑櫓は地下の坑道から石炭や労働者を昇り降りさせるための施設で、高さは約48メートル。これは15階建てのビルに匹敵する高さ。少し不気味にすら思える巨大な廃墟ですが、周囲は公園として整備され、子供たちが元気に走り回っています。そのコントラストがなんとも不思議な場所です。

住所 福岡県糟屋郡志免町志免(大字)495−3
アクセス 「下志免」バス停より徒歩10分
電話

関連記事

  1. 博多の街を一望できる展望塔 博多ポートタワー

  2. 国宝の金印が発見された島 志賀島

  3. 芸術・自然・歴史など様々な楽しみ方ができる大濠公園

  4. 日本の夕日100選にも選ばれている名勝 夫婦岩

  5. カラフルなペットボトルの花畑

  6. 篠栗九大の森のまるで海外のような水辺の景色

  7. レトロな雰囲気が残る だざいふ遊園地

  8. 交通について親子で学べる貝塚交通公園

  9. 知る人ぞ知るフォトスポット 糸島のトトロの森